女の人

うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切

心の病は脳の病気です

女の人

自分では正常な判断がつけられなくなって、眠れない、食べられない、気分が沈んで何もやる気が起きないなど、様々な身体の不調が続くのがうつ病です。早めに心療内科や精神科を受診して、薬の治療を受けることが回復への近道です。

Read More...

治療精度を上げる取り組み

メディシン

初期症状でうつ病と同じうつ症状を発症する精神疾患は複数あり、その中にはうつ病に適した治療を受けると却って悪化する双極性障害も含まれますので、迅速に専門医を受診して適切な診断と治療を受けることが大切です。その際は家族同伴で受診し、治療開始後は、日頃の症状や薬の効果を日記のように記録することが有効です。

Read More...

セロトニンのバランス

考える男の人

うつ病を治療するために処方される薬の多くは、セロトニンを分泌させるものがよくあります。しかしあまりに多く分泌させてしまうとセロトニン症候群となってしまう可能性もあります。それを予防するために普段の生活からバランスよくセロトニンを分泌させる習慣を身に着けることが大事です。

Read More...

心を安定させる方法

錠剤

うつ病は脳内の機能のバランスが崩れることで起き、心に影響を与えますがその機能をサポートするのが抗うつ薬になります。しっかりと服用して治療を続けることで、心の状態も安定して元気を取り戻すことが出来るようになります。

Read More...

治療を受ければ治る病気

メディシン

早くに専門家に相談して

うつ病になる国民が増えてきていますが、人はいろいろな環境の中でストレスを抱えて生活しています。精神的なストレスや肉体的なストレスなど社会生活で多くの人が何らかのストレスが原因で体と心に不調が出てきます。うつ病の症状は様々で、体の症状は、頭痛や吐き気、食欲不振に腰痛、さらには腹痛や発熱、倦怠感などが挙げられています。人によっては便秘などの症状に悩まされる方がいます。精神的には、やる気がでないときや、気分が落ち込む、眠れないなどの症状があるようです。また、朝起きれない、仕事に動きたくないなど、ひどくなると希死念慮が出る方も存在し、生きていることも辛くなってしまいます。うつ病の治療は、早くに始めた方が回復も早いので、とにかくうつ病かもと思ったら病院を受診して下さい。できれば専門家のいる精神科や心療内科がお勧めです。精神科や心療内科は、一人一人の患者を診る時間が他の病院より長いので、一日に診ることのできる人数に限りがある為、大変混んでいる場合がほとんどです。事前に予約を取らないと受診できない病院が多いので、早めに予約を取りましょう。一ヶ月くらいは予約で一杯な事が多いので予約を取って待っている間、症状が悪化してしまう可能性もありますので、近くの内科などで安定剤などの薬をもらって一時的にしのいで下さい。

脳の神経の働きを良くする

精神科や心療内科でうつ病の診断を受けると、ほとんど薬物治療が始まります。うつ病はストレスや環境の変化によって脳の神経物質の伝達が悪くなることが原因とされる脳の病気です。ですから、脳の神経の働きを良くする為に抗うつ剤を飲んで神経の伝達を良くして回復を促していきます。うつ病の薬である抗うつ剤は、SSRIとSNRIの薬を使うことが最近は多くなりました。SSRIは、不安や気分の落ち込みを改善させるセロトニンという物質の働きを良くする薬です。SNRIは、不安もあるけどやる気や意欲が出ないことを改善させるセロトニンとノルアドレナリンの物質の働きを高める効果が期待できる薬です。どちらも、飲み始めてから2週間から4週間くらい経たないと効果が期待できません。初めは副作用が出ることが多いので少ない量からの服用になりますので、症状が改善してくるまで薬を増やすこともあります。薬が増えるとうつ病が悪くなっているのではないか、と心配になると思いますが、抗うつ剤は人によって効果が期待できる量がそれぞれなので、心配しないで下さい。効果が出てきたら、その量の薬を6か月から一年間くらいは飲んで症状が安定してから、少しずつ薬を減らしていきます。

Copyright© 2015 うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切 All Rights Reserved.