男性

うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切

セロトニンのバランス

考える男の人

セロトニンの摂取量

うつ病となってしまい、心療内科や精神科で診てもらって薬を処方されることがありますが、その薬はどのような効果を引き出すものかといいますと、多くはセロトニンを分泌させるものといわれています。セロトニンは脳内神経伝達物質の1つでして、脳内に分泌されることで気持ちを落ち着かせてくれる効果があったりと精神的に強い影響を与え、心身の安定にとても役立つものなのです。別名「幸せホルモン」と呼ばれているものでもあり、そのセロトニンが不足してしまうことでうつ病や精神疾患などのような精神的な病にかかりやすくなるといわれているのです。そのため、うつ病にかかってしまった人は薬を処方される場合はセロトニンを増やしていくためのものを処方されることが多くあるのです。しかし、セロトニンは自然に摂取できるものであるなら取りすぎというものはあまりないのですが、薬で増やす場合は取りすぎに注意が必要となることがあります。セロトニンが増えすぎてしまうことで足がムズムズしたり筋肉が硬直してしまったり、ほかにも発汗、発熱、下痢、脈拍数の増加などなにかといろんな症状があらわれてくるセロトニン症候群となることもあります。その場合は医師と相談することが必要です。

腸内環境が影響します

セロトニンをバランスよく脳内に分泌させられるように、治療を行なうことも必要ですが病院で診てもらう以外の時間でもセロトニンを分泌させられる方法を行なうことが大事です。症状がひどくなれば薬に頼らざるを得なくなることもありますが、そうなる前に予防対策として普段の生活習慣の中でセロトニンを脳内に分泌させることが必要なのです。その方法の1つに腸内環境を整えていくことが最近伝えられてきております。腸内環境と脳は実はつながっていたりしまして、腸内環境が悪化してしまうと脳に栄養が行き届かなくなるといわれているのです。セロトニンはトリプトファンを摂取することで脳内に分泌されるようになるのですが、そのトリプトファンが腸の中に摂取されて上手に消化されなければセロトニンが十分に脳に分泌されていかなくなるのです。便秘や消化不良、胃があれたりするなど、腸の中を良くしていくことで体全身に影響が行き届くようになるのです。腸内環境が悪化するとうつ病も悪化するといわれており、普段の生活習慣で胃を強くさせていくことがとても重要となっていきます。軽い運動をしたり食物繊維を摂取していくなど、腸に良い効果を与える方法を行なっていくことで精神的なエネルギーを回復させることも可能なのです。

Copyright© 2015 うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切 All Rights Reserved.