男性

うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切

治療精度を上げる取り組み

メディシン

必ず専門医の診断を仰ぐ

初期症状が同じようなうつ症状である精神疾患には、一般的に認知度の高いうつ病の他にも適応障害、双極性障害など、複数の疾患があります。そして、このいずれの疾患であったとしても共通している点が、早期に適切な治療を行えばそれだけ症状が重度にならずに済むという点です。一方で、適切な治療法は疾患によって異なる可能性があり、中でもうつ病の場合の主な治療法である抗うつ剤の投薬治療は、双極性障害の患者の場合は、却って症状を重くしてしまうリスクがあります。このように、精神疾患は何よりも早期に適切な診断と治療を受けることが大切です。従って、精神疾患が疑われるような兆しが生じた際には、精神疾患の専門医である精神科や心療内科を速やかに受診することが大切なのです。また、受診の際に重要なことは、精神疾患の専門医での診察は面談形式で主に具体的な症状や日頃の様子、発症の原因やきっかけとなったと考えられる事象などについて医師が患者の側から話を聞いて症状を判断する形式となります。従って、なるべく客観的で正確な情報を患者の側から医師に伝えることが重要になるのです。そのためには、専門医の受診の際に患者が1人で受診するのではなく、家族などの日頃から患者の様子を目の当たりにしている人が同行することが有効です。

治療経過を記録する

精神疾患の専門医を受診して、うつ病と診断された場合には抗うつ剤の投薬を中心とした治療を受けることになります。こうしたうつ病の治療段階において効果的なやり方が、日頃の症状の変化や、投薬される抗うつ剤などの薬の種類や用法・容量に変化が生じた際の効果について、日記形式で記録を残しておくことです。このように記録を残しておくことの効果の1つは、通院時に医師に対して症状や薬の効果を伝える際により的確な報告が可能になるという点です。前途の通り精神疾患の専門医での診察は患者との面談形式で、その形式は治療が始まってからも変わるものではありません。ですので、時系列で正確な推移を医師に伝えられるこうしたやり方は医師が的確な診断を下すために効果的なのです。もう一つの効果は、自分が罹患したうつ病についての傾向を把握できるという点です。うつ病は再発率が高く、一旦症状が収まっても1年や2年の間に再発するというケースが少なくありません。そしてうつ病には発症しやすい時期があり、季節の変わり目や最初にうつ病の症状を発症した時期が再発しやすい傾向にはありますが、患者によって個人差があります。従って、日記形式で症状に関する記録をつけることによって、自分にとっての再発のリスクが高まりやすい時期を把握しやすくなり、再発のリスクを把握した予防を行いやすくなるという点で効果的なのです。

Copyright© 2015 うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切 All Rights Reserved.