男性

うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切

心の病は脳の病気です

女の人

自分にあった治療を受ける

うつ病になると、心身に異常をきたして日常生活が上手く送れなくなります。心療内科や精神科を受診して、うつ病の診断を受けると薬物治療が始まります。神経に効果のある薬は、種類が多く効果があるかないかなど、飲んでみないとわかりません。ですから、治療が始まっても焦らず、自分に合う薬が見つかるまで辛抱強く治療を受けて下さい。薬の種類は、今はSSRIやSNRIなどの抗うつ剤を第一選択に治療をすることが多く、最初は少ない量から服用して、副作用の心配がなければ患者の適量まで増やしていきます。治療を受けているのに、どんどん薬が増えていくことに不安に思う患者もいますが、うつ病の治療としては、正しい治療方法なので心配はいりません。抗うつ剤は、飲み初めに副作用が出やすいです。主に吐き気や便秘などの症状が多く最初の1から2週間くらいが出やすいです。薬が急に入ってきたことに、体がびっくりして副作用が起こるので、薬に体が慣れてくれば自然と副作用は少なくなります。最初は辛いですが、飲み続ければ次第に良くなりますので、我慢して飲み続けてみましょう。

人気があるので早めに予約

以前より心療内科や精神科のクリニックが増えて、気軽に通える環境になってきています。昔はうつ病になってしまうと、自分がおかしくなってしまったと思いなかなか病院を受診する人が少なく、苦しんでいる人が多く、回復が遅れてしまっていました。最近では、うつ病は誰でもかかるかもしれない、心の病とも言われています。実際は、脳の神経伝達がスムーズに行われなくなったのが原因で、心身に異常をきたす脳の病気です。脳の神経伝達をスムーズに行われるようにする為に抗うつ剤の治療は効果が期待できます。専門のクリニックに早めに受診して薬の治療を受けて下さい。心療内科や精神科では、薬物治療と並行してカウンセリングを行っているクリニックもあります。自分の性格や考え方の歪みなど、ストレスを溜めずに生活するには、どうしたらいいのか、専門家と話をすることで自分の今までの考え方の癖やストレスを感じやすい環境などに気づくことができます。認知行動療法も、うつ病の回復には有効な治療なので、薬の治療と一緒に受けると回復の助けになります。心療内科や精神科のクリニックも、内科や外科と変わりない普通の病院です。今は、悩み事や一人で解決できない事などの相談を気軽にできる場所として活用している人もたくさんいます。人気があるクリニックは予約が1ヶ月以上も取れないので早めに予約して下さい。

Copyright© 2015 うつ病の治療に適した薬|しっかりと継続することが大切 All Rights Reserved.